根が張れず漏水の様になり地崩れ。

原子力の再稼働問題から、他の発電方法も再注目されています。
今までは、いかに効率的で最小限にエネルギーが捻出できるかが課題ですが、
それ以上に環境問題が今取り上げられています。
云わずもがな、福島のような事故はもう二度と起こってはならないのです。
しかし、原子力以外が全てクリーンかと言うとそうとは言えません。
風力は、空を飛ぶ鳥の事故や風の流れの変化による環境に変化。
水力は、大規模な場所が必要で、
植林などした場合は根が張れず漏水の様になり地崩れ、
火力は空気汚染などです。
今の暮しを続けるには、地球2個分とは言いますが、
電気以前にこの消費社会の物質至上主義の改善が必要ですが、
その可能性はとても低いような気がします。

ウェルカムボードには風車モチーフ

昔ながらの風車もそうですが、
現在の風力発電機も近未来的なジブリアニメを彷彿とさせませんか?
風車をみるたびに未来少年コナンとか出てきそう…なんて思うんですよね(笑)。
あれ?未来少年コナンってスタジオジブリの作品じゃなかったんだ?
調べてみてびっくりです。
そういう意味ではハイジもそうなのか…。
それはさておき、友人の結婚式のウェルカムボードの作成を頼まれたんです。
ボードには風車モチーフを使うつもり。
友人はジブリ好きなので、ぽくなるように頑張ろう。

観葉植物レンタルばりレンタル政策。

原子力発電の再開が着々と進んでいます。
スイス大統領の日本の事故からの英断からの凱旋で、
日本の首相も何か感じるものがあるかないかはわかりませんが、
再開の気持ちは変わらないようです。
中小企業の為といいつつも外資系、大企業、富裕層の優遇ばかりの政策が目立ちます。
シャワー効果的な事でしょうが、何年後に花が咲くか、そもそも咲かないのか。
以前討論で「海外の政策は日本には合わない〜」とかいいつつ
「海外に合せ〜」と言っていたのは、びっくりしました。
そんなに理論がふわふわしているなら観葉植物をレンタルするみたいに
レンタル政策で行ってしまった方がスッキリしませんか。

うちのティーカッププードルの散歩がてら。

近くの山に巨大なブレード型の風力発電装置が設置されています。
できたのは、確か3・4年前だった気がするのですが、
あまり動いているのを目にした事がないのですが、これどうなっているんでしょう?
民間企業で、動かない装置を大規模に設置したらクビ間違いないのですが…。
うちのティーカッププードルの散歩がてらこの、巨大ブレードが見える広場まで、
よく行くのですが、なんとも不思議な光景だったりします。
一向に動かない巨大オブジェは、
夕日の中では不気味な怪獣のように見える事があるんですね。
まあ、そんな風に見えたら見えたで、味があるなと思ったりもするんですけど。

火災保険と風力発電

先週、小雪が舞い散る中、銚子へ所用でいってきました。
もう3月だというのに雪がちらほらしてびっくり、
車だったのでそのまま犬吠崎温泉にも行ってあたたまりました。
犬吠崎に向かう際に海沿いを走るのですが、
目についたのが多くの風力発電機。
銚子ウインドファームという発電所のようです。
キャベツや大根の畑の中の風力発電機はほのぼのして良いですね。
風力発電をみてふと火災保険の更新のことを思いだしました。
ずっと前に案内が届いていたのを思い出させてくれて感謝です。